名刺の種類

名刺仕事で使用する名刺が一般的ですが、実はびっくりするような名刺がたくさん存在します。少子高齢化で、ペットをわが子のように愛する方が増えており、ドッグランも大人気です。子供のママ友ならぬ、ワンちゃんのママ友も存在します。

そんな方々は、初対面の時にワンちゃんの名刺を交換します。ワンちゃんの一押しの写真と、名前、あとは飼い主さんの名前と電話番号が書かれているのが一般的です。ワンちゃんの好きな食べ物や趣味などを書くこともありますね。もちろんママ友同士で交換するために、赤ちゃんと自分が写っている写真を入れて、親子名刺を作ることも人気ですよ。

シニア層にも、名刺は人気です。会社を退職してから、セカンドライフが始まり、それと同時に新しい方々との出会いがスタートするタイミングです。所属しているグループごとだけでなくプライベートで作る方も増えてきています。通常よりも太く大きな文字で書かれているのが特徴です。名刺は、年齢や場所などに応じてさまざまな使い方があり、とても便利です。インターネットやSNS、メールなどが主流ですが、名刺をもらうと印象に残りやすいので少しでも覚えてもらいたいなと思った時に活用してみてはいかがでしょうか。

 

印刷するならインターネットサイトが便利です

最近はパソコンでの画像ソフトをつかった操作を誰もができるようになり、簡単なチラシやパンフレットなら自分で簡単に作れるようになりました。しかし、少し公の場に配布するパンフレットやフライヤーになるとどうしても印刷業者に注文したほうが、仕上がりも手間もかかりません。昔は町の小さな印刷業者に注文していたのですが、最近はインターネットサイトで自宅にいながら、思い通りのパンフレットを作成印刷してくれるので、利用する人が増えてきました。

小さな名刺サイズから大きなポスターまで、あらゆる紙質とコーティングをそろえており、一覧表で価格がチェックできるようになっているので、予算もすぐにわかり、見積もりを取りやすいのが便利です。また、仕上がりの日も注文日から何日とすぐに回答してくれうので、プランがたてやすくなります。インターネットサイトならではの、見積もりの速さと価格の安さに、気軽に便利に注文する人が増えているようです。

 

最近の名刺の印刷は細かい文字までも鮮明になるような出来上がりになるので満足がいく仕上がりになっています

自宅や仕事場などでパソコンを使った作業をすることが多くなってきましたが、それだけパソコンが私たちの要望に応えてくれるような働きをしてくれるようになったからであります。以前のような、電源を付けてもメインの画面になるまでにかなりの時間を要するような大切な時に使いにくいパソコンとは違って、今では立ち上がりも早くなり、そのために文章の作成や表の作成とともに自動計算などのほとんどの作業をパソコンにお願いをしているのです。その中で、コピーに関しても従来からあるコピー機だけではなくてプリンターを使うことがありますが、以前に比べて印刷のスピードが速くなっている上に、出来上がりの文字や絵が鮮明になってきているのです。そのように、従来と比べて技術が格段に進歩したのですが、仕事でよく使うことがある名刺も同じことが言えて、名前のふりがなであったり、絵や飾りなどもより鮮明な出来上がりになってきているのです。そのために、誰に渡しても非常に見やすい名刺になっているので、非常に満足ができる仕上がりになっています。

名刺作成業者の選び方

デザイン社会人の顔である名刺は、デザインも質もとても重要です。名刺の印象で会社や自分自身のイメージもがらりとかわりますので、名刺作成業者も気を付けて選びましょう。さっそく、名刺作成業者の選択のポイントをお伝えします。まず実績が多い会社から選ぶようにするといいでしょう

それと、一番最初に名刺を作るとき、デザイナーにイメージを伝えるのはとても大変です。全然違うイメージで出来上がってくることもしばしばあります。ここでポイントとなるのが、何回でも無料でデザインを変更してもらえるかです。格安のところは、1回しか変更してくれないところもありますので気を付けましょう。また、デザインを変更するたびに、画面上でプレビューが見れたり、一番うれしいのは実際に刷って現物を見せてもらえる会社です。

名刺は個人情報の塊ですので、セキュリティが高いかも確認しておきましょう。個人情報が盗まれ、それを悪用されたケースも報告されていますよ。そして最後は、印刷の質です。印刷機の良しあしで実際の会社のロゴの色と違って見えてしまうこともあります。色が少しでも違えば、それは自社のロゴとは言えません。トラブルの原因にもなりますので、色はCMYKやRGBで正確に出力できるかチェックしましょう。

 

名刺のデザインから印刷まで

私は、学生だが、名刺を持っている。前々から名刺を作りたいと思っていたところ、ちょうどいいタイミングでとあるオンライン印刷ショップの無料お試しキャンペーンを発見しました。私は、Illustratorを使うことができるので、さっそく名刺のデータを作って名刺を作りました。ただ、データの入稿など初めてのことばかりで苦労の連続でした。まず、トンボというものを知らなかったため、適当に作って入稿したら、トンボをつけて送ってくださいと返信が来て、テンプレートをダウンロードして作り直しということになりました。

次に、文字のアウトライン化と呼ばれる作業をしていませんでした。そのため、また返信が来ました。それもそのはず、フォントというものはおのおののPCによって入っているものが違うので、ベクトルデータ化しておかなければならなかったのです。複数の壁があってようやく名刺が出来上がりました。初めてということで失敗もありましたが、勉強になる点がたくさんありました。

 

名刺の印刷が高級紙使用でワンコイン以下で作れます

名刺印刷がウェブ上でならば格安で作れるのがいわば常識となってきているもので、100円以下で高級誌使用で行えるというのが売りの所もあります。600万円以上する最新オンデマンド印刷機を使用している為に、解析度も高くオフセットに迫るほどの高品質のものを作り上げることができ、また納期も受け付け当日に発送できるという最短なものです。ウェブ上で、自由にデザインする事が可能なために、独自の名刺を作ることも簡単なもので、デザインツールで作成できるために、ソフトが無い方でもその場でオリジナルの名刺を作成する事が出来るものです。

テンプレートも豊富に用意されているので、仕事用の名刺から、遊び感覚で利用できるものまで、楽しんで作り上げることができるものです。現在では、多くの仕事をポジティブに行われている方も多い為に、一人で幾通りもの名刺を作ることが多くなっているものです。機能的にも高品質な名刺を用途に合わせて作ることで、より一層のビジネスライフをエンジョイする事が出来ます。

名刺のマナー

名刺交換社会人になると、名刺が支給されます。名刺は社会人のマナーであり、名刺の渡し方1つで、印象ががらりと変わります。ここでは、相手の名刺を受け取る時と自分の名刺を相手に渡すときのシチュエーションに分けてお伝えします。

相手の名刺をもらう時は、相手の立場と自分の立場や会社同士の立場をまず確認しましょう。自分の方が立場が下ならば、必ず先に名刺を差し出しましょう。もちろん上司よりも先に出してはいけませんよ。たまにあるのが、同時に名刺を出してしまうことです。この場合も、いったん名刺を手元に戻し、相手の名刺を先に受け取りましょう。受け取るときに注意したいのが、相手の名刺の文字が書かれた上に指を置いてはいけません。会社名、役職、お名前などすべてを確認できるよう名刺の端を両手でつかみましょう。たくさんの名刺を一度に同時に受け取ることもあります。誰が誰の名刺なのかわからなくなるといけないので、特徴など書き込みたくなる気持ちはわかりますが、名刺は相手の顔なので絶対に名刺には何も書いてはいけませんよ。

名刺を渡すときは、必ず名刺入れから取り出してください。胸ポケットやお財布から出したり、そのまま持ち歩くことはマナー違反です。角が折れたり、しわができたりもしますので、必ず名刺入れを購入しましょう。

渡し方ですが、向かい合って必ず対面で立ち上がってから会社名と名前を告げてお辞儀をして渡してください。会議室で着席した後でも、机を迂回しお客様のところまで行ってから渡してください。

 

不思議に感じる名刺交換のマナー

ビジネスマンの多くは、名刺交換を行うことは日常的なこととなっています。自身の名刺を余裕をもって多目に持ち歩くことは必要で、また、受け取った名刺は雑に扱わず、きちんと管理することも必要です。名刺交換の方法では、訪問者から訪問先の方へ先に行うことがマナーとされ、上司などが同行している場合では上司から先に交換を行うなどとされています。名刺の受け渡し方法では、両手で渡し、両手で受け取るという動作が基本とされています。

自身の経験として、ビジネスマナーを学ぶ学校へ入ったことがありますが、そこでは名刺交換の方法も勿論学ぶことになります。その時の方法では、渡す場合には、名刺の隅を右手で持って渡します。つまり両手ではなく、片手で渡すことになります。これは徹底して訓練されたことなのですが、その理由としては、自身の名刺は両手で渡すほどの物では御座いませんという遜った見解と、相手が受け取りやすいという物理的な要素があります。実際に社会で行った名刺交換では、確かに片手で渡してくる方も多く存在しています。

 

名刺の交換でその人の力が分かる

最近では、ビジネスのシーンでとりわけ名刺交換が重要視されているわけではないが、たかが名刺交換されど名刺交換です。名刺を出すときの要領の良さ、手際のよさ、会話や表情といったものでだいたいその人のひととなりと力がわかってしまうものです。名刺に限らず、要領の良さは受験でも良くとりだたされるが、ビジネスでも重要であります。名刺は人をあらわすが、そのデザインにまでこだわる人は案外少ないです。気にいったデザインが入っている名刺を手当たりしだいに配っているような人間をときどき見かけるが、ちょっと恥ずかしいです。いまはプロじゃなくてもパソコンとプリンターで自由にデザインが可能なので、好きなキャラクターを印字してみるのも面白いかもしれません。しかし渡す相手を選ばないと誤解を招いてしまうので注意です。相手が重役のときにアニメのキャラクターが描いてある名刺であると(特にアニメをばかにしているわけではないが)印象はあまりよくないでしょう。