名刺作成業者の選び方


デザイン社会人の顔である名刺は、デザインも質もとても重要です。名刺の印象で会社や自分自身のイメージもがらりとかわりますので、名刺作成業者も気を付けて選びましょう。さっそく、名刺作成業者の選択のポイントをお伝えします。まず実績が多い会社から選ぶようにするといいでしょう

それと、一番最初に名刺を作るとき、デザイナーにイメージを伝えるのはとても大変です。全然違うイメージで出来上がってくることもしばしばあります。ここでポイントとなるのが、何回でも無料でデザインを変更してもらえるかです。格安のところは、1回しか変更してくれないところもありますので気を付けましょう。また、デザインを変更するたびに、画面上でプレビューが見れたり、一番うれしいのは実際に刷って現物を見せてもらえる会社です。

名刺は個人情報の塊ですので、セキュリティが高いかも確認しておきましょう。個人情報が盗まれ、それを悪用されたケースも報告されていますよ。そして最後は、印刷の質です。印刷機の良しあしで実際の会社のロゴの色と違って見えてしまうこともあります。色が少しでも違えば、それは自社のロゴとは言えません。トラブルの原因にもなりますので、色はCMYKやRGBで正確に出力できるかチェックしましょう。

 

名刺のデザインから印刷まで

私は、学生だが、名刺を持っている。前々から名刺を作りたいと思っていたところ、ちょうどいいタイミングでとあるオンライン印刷ショップの無料お試しキャンペーンを発見しました。私は、Illustratorを使うことができるので、さっそく名刺のデータを作って名刺を作りました。ただ、データの入稿など初めてのことばかりで苦労の連続でした。まず、トンボというものを知らなかったため、適当に作って入稿したら、トンボをつけて送ってくださいと返信が来て、テンプレートをダウンロードして作り直しということになりました。

次に、文字のアウトライン化と呼ばれる作業をしていませんでした。そのため、また返信が来ました。それもそのはず、フォントというものはおのおののPCによって入っているものが違うので、ベクトルデータ化しておかなければならなかったのです。複数の壁があってようやく名刺が出来上がりました。初めてということで失敗もありましたが、勉強になる点がたくさんありました。

 

名刺の印刷が高級紙使用でワンコイン以下で作れます

名刺印刷がウェブ上でならば格安で作れるのがいわば常識となってきているもので、100円以下で高級誌使用で行えるというのが売りの所もあります。600万円以上する最新オンデマンド印刷機を使用している為に、解析度も高くオフセットに迫るほどの高品質のものを作り上げることができ、また納期も受け付け当日に発送できるという最短なものです。ウェブ上で、自由にデザインする事が可能なために、独自の名刺を作ることも簡単なもので、デザインツールで作成できるために、ソフトが無い方でもその場でオリジナルの名刺を作成する事が出来るものです。

テンプレートも豊富に用意されているので、仕事用の名刺から、遊び感覚で利用できるものまで、楽しんで作り上げることができるものです。現在では、多くの仕事をポジティブに行われている方も多い為に、一人で幾通りもの名刺を作ることが多くなっているものです。機能的にも高品質な名刺を用途に合わせて作ることで、より一層のビジネスライフをエンジョイする事が出来ます。