名刺のマナー


名刺交換社会人になると、名刺が支給されます。名刺は社会人のマナーであり、名刺の渡し方1つで、印象ががらりと変わります。ここでは、相手の名刺を受け取る時と自分の名刺を相手に渡すときのシチュエーションに分けてお伝えします。

相手の名刺をもらう時は、相手の立場と自分の立場や会社同士の立場をまず確認しましょう。自分の方が立場が下ならば、必ず先に名刺を差し出しましょう。もちろん上司よりも先に出してはいけませんよ。たまにあるのが、同時に名刺を出してしまうことです。この場合も、いったん名刺を手元に戻し、相手の名刺を先に受け取りましょう。受け取るときに注意したいのが、相手の名刺の文字が書かれた上に指を置いてはいけません。会社名、役職、お名前などすべてを確認できるよう名刺の端を両手でつかみましょう。たくさんの名刺を一度に同時に受け取ることもあります。誰が誰の名刺なのかわからなくなるといけないので、特徴など書き込みたくなる気持ちはわかりますが、名刺は相手の顔なので絶対に名刺には何も書いてはいけませんよ。

名刺を渡すときは、必ず名刺入れから取り出してください。胸ポケットやお財布から出したり、そのまま持ち歩くことはマナー違反です。角が折れたり、しわができたりもしますので、必ず名刺入れを購入しましょう。

渡し方ですが、向かい合って必ず対面で立ち上がってから会社名と名前を告げてお辞儀をして渡してください。会議室で着席した後でも、机を迂回しお客様のところまで行ってから渡してください。

 

不思議に感じる名刺交換のマナー

ビジネスマンの多くは、名刺交換を行うことは日常的なこととなっています。自身の名刺を余裕をもって多目に持ち歩くことは必要で、また、受け取った名刺は雑に扱わず、きちんと管理することも必要です。名刺交換の方法では、訪問者から訪問先の方へ先に行うことがマナーとされ、上司などが同行している場合では上司から先に交換を行うなどとされています。名刺の受け渡し方法では、両手で渡し、両手で受け取るという動作が基本とされています。

自身の経験として、ビジネスマナーを学ぶ学校へ入ったことがありますが、そこでは名刺交換の方法も勿論学ぶことになります。その時の方法では、渡す場合には、名刺の隅を右手で持って渡します。つまり両手ではなく、片手で渡すことになります。これは徹底して訓練されたことなのですが、その理由としては、自身の名刺は両手で渡すほどの物では御座いませんという遜った見解と、相手が受け取りやすいという物理的な要素があります。実際に社会で行った名刺交換では、確かに片手で渡してくる方も多く存在しています。

 

名刺の交換でその人の力が分かる

最近では、ビジネスのシーンでとりわけ名刺交換が重要視されているわけではないが、たかが名刺交換されど名刺交換です。名刺を出すときの要領の良さ、手際のよさ、会話や表情といったものでだいたいその人のひととなりと力がわかってしまうものです。名刺に限らず、要領の良さは受験でも良くとりだたされるが、ビジネスでも重要であります。名刺は人をあらわすが、そのデザインにまでこだわる人は案外少ないです。気にいったデザインが入っている名刺を手当たりしだいに配っているような人間をときどき見かけるが、ちょっと恥ずかしいです。いまはプロじゃなくてもパソコンとプリンターで自由にデザインが可能なので、好きなキャラクターを印字してみるのも面白いかもしれません。しかし渡す相手を選ばないと誤解を招いてしまうので注意です。相手が重役のときにアニメのキャラクターが描いてある名刺であると(特にアニメをばかにしているわけではないが)印象はあまりよくないでしょう。