名刺のマナー


名刺交換社会人になると、名刺が支給されます。名刺は社会人のマナーであり、名刺の渡し方1つで、印象ががらりと変わります。ここでは、相手の名刺を受け取る時と自分の名刺を相手に渡すときのシチュエーションに分けてお伝えします。

相手の名刺をもらう時は、相手の立場と自分の立場や会社同士の立場をまず確認しましょう。自分の方が立場が下ならば、必ず先に名刺を差し出しましょう。もちろん上司よりも先に出してはいけませんよ。たまにあるのが、同時に名刺を出してしまうことです。この場合も、いったん名刺を手元に戻し、相手の名刺を先に受け取りましょう。受け取るときに注意したいのが、相手の名刺の文字が書かれた上に指を置いてはいけません。会社名、役職、お名前などすべてを確認できるよう名刺の端を両手でつかみましょう。たくさんの名刺を一度に同時に受け取ることもあります。誰が誰の名刺なのかわからなくなるといけないので、特徴など書き込みたくなる気持ちはわかりますが、名刺は相手の顔なので絶対に名刺には何も書いてはいけませんよ。

名刺を渡すときは、必ず名刺入れから取り出してください。胸ポケットやお財布から出したり、そのまま持ち歩くことはマナー違反です。角が折れたり、しわができたりもしますので、必ず名刺入れを購入しましょう。

渡し方ですが、向かい合って必ず対面で立ち上がってから会社名と名前を告げてお辞儀をして渡してください。会議室で着席した後でも、机を迂回しお客様のところまで行ってから渡してください。